スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ちょっと分かったこと。
2010 / 04 / 03 ( Sat )

この旅をするにあたってちょっと楽しみにしていたのは、
世界のいろいろな広告を見れるってこと。
でも、中南米でちょっと分かったことがありました。
中南米の広告はけっこう面白そうだなってけっこう期待していたんだけど
なかなか広告らしい広告は見つからなかった。メキシコシティとかブエノスとか都会では
ちらほらあったけどやっぱり日本に比べると断然少ない。
電車の中吊りなんかないし、駅にはポスターを入れる枠だけあって中身がなかったり。

やっぱり広告は経済的に発展していて豊かな国のほうが多いということ。
考えてみれば当たり前なんだけど。広告によって消費が増えれば経済は発展するんだろうけど
人々が生活する上で必要なものは広告なんかなくったって買うし消費する。
だから消費に関する広告って無くても困らない。

だからまだ発展しきっていない国には広告が全然少ない。
し、必要ないのではと思った。
し、日本がいかに経済的に豊かな国なのか改めて実感させられた。
し、広告はなくても人々は生きて行けるんだって思った。

それは出発前から思っていたことだけど実感できてすごく良かったし
間違いじゃなかったんだって分かって、すこし自信が持てた。
日本に帰ってからのことにすごく繋がりそう。

いままで上で言っていた広告って言うのは商品広告とか消費に繋がる広告のことだけど
それとは別に、大切なことを伝えるということの手法としての広告は必要だということも実感できた。

分かりやすく言えばコンドームの広告とかがそうだと思う。
消費に繋がるものではなくて、AIDS感染を防ぐためにコンドームを付けましょうという
大切なことを伝える手段としての広告。

はっきりは分からなかったけど、そう思って仕事をしながら個人的にNGO/NPOとかを
手伝ってきてよかったと思えた。

日本に帰ってからはそういう広告を作ることを仕事にしたい。
そういうので食べて行くのはすごく難しいんだろうけどがんばってみよう。
という自信とやる気が湧いてきた。

ということが分かったという長い話でした。
写真はそのやる気を現したジャンプということで。
kohei | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ディスカバリーの打ち上げを見に! | ホーム | さすがアメリカ。>>
コメント
■ウヒョー!!

なんか、すげー生き生きしてる感じがガツンと伝わってくる1枚だな(笑)

俺は全く別の職種だけど、↑の広告の話読んでナルホドと思うことが色々あった。
海外で勉強してくるってこういう事なんだろうな。
by: カトコ * 2010/04/05 21:03 * URL [ 編集] | page top↑
■カトコ

いつもコメントありがとう!
旅行中はそりゃー生き生きしてるよー!
まー勉強という程のことではないけれどー。
by: kohei * 2010/04/06 08:35 * URL [ 編集] | page top↑
■あるよ!

あるある!社会貢献や社会課題の解決としての広告の役割。

読んでて思い出したのが、
阪神大震災での赤い張り紙。
参考 http://plaza.rakuten.co.jp/tukusimr/diary/200801130000/

あと、広告が少ない国は、他のものが広告の役割を果たしているのでは?
商品パッケージそのものだったり、
売店のおじちゃんなどの人だったり、
・・と思ったのだけど、どうなのだろう?
by: りんだ * 2010/04/08 21:03 * URL [ 編集] | page top↑
■りんださん

阪神大震災でこんなことが有ったんですね。
いい記事ありがとうございます。

他のものが広告の役割。そうかも知れないですね。
ただ、そこまでモノが無いって所も有るのかもしれないですし。
by: kohei * 2010/04/12 09:58 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futatabifutaritabi.blog21.fc2.com/tb.php/481-cbe4c2f3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。