スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
グラナダ、アルハンブラ宮殿
2010 / 05 / 21 ( Fri )

早朝7時、グラナダの町に着きました。バスはやっぱり南米には勝てませんでした。
リクライニングがほとんどできない。

予約しておいた宿に行き、13時のチェックインまでぼーっとして過ごして、
チェックイン後シャワーを浴びて、目的のアルハンブラ宮殿へ行ってきました。
2010_0521_02re.jpg
アルハンブラ宮殿は13世紀ナスル朝時代に建造された、イスラーム建築の最高傑作と
言われている居城跡で、世界遺産にも登録されている。

2010_0521_03re.jpg
13世紀といえば日本では鎌倉時代。約800年前の時代にタイムスリップー。

2010_0521_04re.jpg
ナスル朝宮殿の離宮、ヘネラリフェからの眺め。当時ここに住んでいた人は何を思い
ここに立っていたのかなー。

2010_0521_05re.jpg
壁面が神秘的で美しくて、思わず手で触ってみたくなる。

2010_0521_06re.jpg
当時城内には2000人以上の人々が暮らしていて、住宅とか学校とかとか官庁とか軍隊とか
モスクとか・・色々な施設が整っていたみたい。

2010_0521_07re.jpg

2010_0521_08re.jpg

2010_0521_09re.jpg
最近の私の口癖、「こんなお城で暮らしてみたい」。
一週間だけマリーアントワネットみたいな生活してみたいよー。

2010_0521_10re.jpg
小さな博物館で見つけたキレイな天井。八角星。

2010_0521_11re.jpg
サンタ・マリア教会。

2010_0521_12re.jpg
巨大な四角い建物の中に入るとそこには巨大な丸い建物が。
外は四角だったのに中はまるー。

2010_0521_13re.jpg
カルロス5世の宮殿。

2010_0521_14re.jpg

2010_0521_15re.jpg
グラナダの街並。茶色いレンガ屋根に白い壁。スペインらしい風景。

2010_0521_16re.jpg

2010_0521_17re.jpg
19時。いよいよメインのナスル宮殿へと足を踏み入れる。
実はこのナスル宮殿へは、事前に予約してチケットを買っておかないと入れない。
バルセロナでネットでチケットを買ったらすでに19時の回しか空いてませんでした。

2010_0521_18re.jpg
壁という壁に隙間無く、びっしりと、細かい彫刻が施されていた。

2010_0521_19re.jpg
イスラーム調のタイルもかわいい。

2010_0521_20re.jpg
いつまで見ていても飽きないほどの美しさ。

2010_0521_21re.jpg

2010_0521_22re.jpg

2010_0521_23re.jpg

2010_0521_24re.jpg

2010_0521_25re.jpg

2010_0521_26re.jpg
それぞれの建物に天井までビッシリです。

2010_0521_27re.jpg
天井にまで細かい装飾がされています。

2010_0521_28re.jpg

2010_0521_29re.jpg
大大大満足のアルハンブラ宮殿でした。イスラム圏に行くのが楽しみになりました。
スペイン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ヨーロッパは夜が素敵 | ホーム | バレンシアパエリア>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futatabifutaritabi.blog21.fc2.com/tb.php/552-b71772f8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。