スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
夜の橋巡り。
2010 / 07 / 24 ( Sat )

エマーム広場を観光中に、タブリーズのバスターミナルで仲良くなった
ポーランド人大学教授のマットと再会して一緒に観光してた。
(というかエスファハーンのバスターミナルで再会して同じ宿に一緒に来てた)
彼はイランが2回目ということで、うちらが宮殿を見てるときに外で待っててくれた。
そうしたらイラン人3人兄弟(男2人と女1人)と仲良くなってて、
宮殿を見終わったうちらも話に合流。仲良くなって、エスファハーンのもう一つの見所、
橋巡りを案内してくれることに。

最初に着いた、チュービー橋。
2010_0724_C_02.jpg
エスファハーンにはザーヤンデ川という川が流れてて、
そこに架かる橋も観光スポットになってる。これはハージュー橋。

2010_0724_C_03.jpg
川の水が少なくて、しかもちょっと臭くて残念だったけど、
ライトアップされた橋はすごくキレイ。

2010_0724_C_04.jpg
もうちょっとで満月の月とハージュー橋。

2010_0724_C_05.jpg
橋は二階建て。

2010_0724_C_06.jpg
上の階は夏に王様が宴を開いたりしてたらしい。

2010_0724_C_07.jpg
下の階は宗教歌を唄うおじさんとそれを聞き入る人たちで溢れてた。

2010_0724_C_08.jpg
アーチになっていて対岸までずっと突き抜けてる。

2010_0724_C_09.jpg
上の階はみんな通行に使ってるみたいだった。

2010_0724_C_10.jpg
マットとイラン人3人兄弟。

2010_0724_C_11.jpg
次にきたのはスィー・オ・セ橋。
スィー・オ・セは33て言う意味で、アーチが33個あるからそういう名前になったんだって。
水面に映る橋もキレイ。

2010_0724_C_12.jpg
橋のふもとにはチャイハーネ(カフェ)があった。
この橋もさっきの橋も車は通れないようになってる。

2010_0724_C_13.jpg
ここでもイラン人観光客がいっぱいいた。

2010_0724_C_14.jpg
イラン人3兄弟も散歩に来たりするらしい。

2010_0724_C_15.jpg
それも納得。散歩したくなるよ、こんなキレイな橋が地元にあったら。

2010_0724_C_16.jpg
対岸の公園で兄弟の両親が待ってて夜のピクニック開始。
みんな英語が上手でコミニュケーションには困らなかった。
どの家族もしょっちゅう、こうやって夜のピクニックするんだって。
遅いときは夜の2時くらいまでやるらしい。
ちなみにイランでは仕事は7:30か8:00~2:00か3:00くらいまでらしい。
休みは金曜だけ。お酒もないからこうやって夜のピクニックをするのかな。
イラン人の普段の生活の一部が体験できた貴重な夜でした。
イラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<世界の半分の夜。 | ホーム | 世界の半分。 >>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futatabifutaritabi.blog21.fc2.com/tb.php/644-2bd2adfb
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。