スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ホームステイ 2日目。
2010 / 07 / 31 ( Sat )
2010_0730_01re.jpg
今日は家族とお別れしてホテルに移ろうと思っていたら、朝食のときお母さんが
もう一泊していきなさいって言ってくれた。
明日朝早いから申し訳ないと言ったのだけど、そんなこと気にしなくていいよって。

で、何かお礼がしたくて、日本から持ってきた五円玉と五十円玉を使って
ストラップを作ることにした。
そしたらみんな集まってきて、教えながら一緒に作ることに。
2010_0730_02re.jpg
みんなの合作。小学生の頃流行ったミサンガの作り方を必至に思い出し、たまたま持ってた
糸を何色か使って、何とかカタチになりました。

お金に穴が空いてるのはやっぱり珍しいみたいで、それに円は終わりなく続くものだから
家族や人との繋がりにとってとても縁起のいいものって説明したらすごく喜んでくれました。
五円=ご縁の意味も説明すべきだったけど、何となく言いそびれた。

2010_0730_03re.jpg
午後から今日はお父さんお母さん以外のみんなで再びハラムへ。

2010_0730_04re.jpg
イランには保育園とかなさそうだよねってこの前話してたら、イランにもあった。
子供ができたら女性が家で面倒みるんだろうなって勝手に思ってたけど、
むしろそんな考えは日本的でした。みんな仕事を続けるみたい。

2010_0730_05re.jpg
昨日はお祈りの時間と重なって見れなかった黄金のドーム。

2010_0730_06re.jpg

2010_0730_07re.jpg
ザへラたちに出会えたお陰で、2日連続であの鏡の世界に入ることができた。
本来なら、外国人は広場に入ることすら拒否されることもあるらしい。

2010_0730_08re.jpg
チーム女子で記念撮影。今日はザへラが黒のチャードルを貸してくれた。
左から2番目の子はザへラの妹で、彼女も英語の先生。

2010_0730_09re.jpg
マフディーとkohei。
今日はマフディーと一緒だったのでkoheiもお墓の前まで行けたらしい。
男の人も泣きながらお祈りしてる人いたって。

2010_0730_10re.jpg
マフディーとザへラ。
彼らも去年結婚して、私たちと一緒だねーって話しました。

2010_0730_11re.jpg
最後の夜だからって、夕飯持ってピクニックに連れて行ってくれました。
お母さんが、たったの2日間しか一緒にいないのにずっと前から知ってるみたいだねって
言ってくれた。
この2日間で本当に色々なことを話した。イランのことたくさん教えてもらったし
日本のことも伝えることができた。

この日お母さんが言ってくれたこと。
「私たち夫婦も初めはお金も家もないところからスタートしたのよ。
がんばって働いて、素敵な娘たちもできて、今はとても幸せ。
だからあなたたちも心配しないで、日本に帰ったらがんばりなさい」

今の私たちの心にすーっと染み入る言葉。イランのお父さん、お母さんありがとー!

2010_0730_12re.jpg
koheiとソライヨお母さん。
「コヘイ!あなたは私の息子よ!もっと沢山食べなさい、コヘイ!コヘイ!」と、
ご飯を山盛り盛られてました。笑

この旅に出た理由がここにあった、そんなふうに思う2日間でした。
きっとこの家族に呼ばれてここに来たんだなぁ。
イラン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<大都会、テヘランへ。 | ホーム | 温かいイラン家庭。>>
コメント
■home stayデビュー★

ステキな出会いがあった国はより心に深く残るし、出会う人でその国の印象は大きく変わるね。

残りの旅もステキな出会いがありますように。
by: mamigo * 2010/08/06 15:36 * URL [ 編集] | page top↑
■mamigo

人との出会いと食でその国の印象が決まる気がする。

by: miki * 2010/08/06 21:04 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futatabifutaritabi.blog21.fc2.com/tb.php/654-61073812
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。