スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
イラニアン。
2010 / 08 / 02 ( Mon )

イランで知ったあれこれをまとめてみました。
日本とちがーうことがいっぱい。同じ所もいっぱい。
イラニアンの女性は9歳になるとスカーフを巻かなきゃいけない。
イラニアンの女性は9歳からお祈りを始める。
イラニアンの男性は16歳からお祈りを始める。
イラニアンのお祈りの仕方は親からや学校で教わる。
イラニアンの学校ではコーランの授業がある。
イラニアンのコーランはアラビア語で書かれていて、それがペルシャ語に訳されてる。
イラニアンはお祈りするまえに手、足、顔を洗う。

イラニアンブルーはイスラムでブルーが聖なる色、心の落ち着く色とされているから使われてる。
イラニアングリーンもあるらしく、これも聖なる色なんだって。
イラニアンモスクに書かれている植物は物事の成長を表してる。

イラニアンはイスラム教だけどご飯食べるときに左手も普通に使う。
イラニアンはヒマワリの種が異様に大好きだし、食べるのがめちゃくちゃ早い。
殻はそこらへんにポイ捨てする。
イラニアンフード、外食はおいしくないけど、家庭料理はおいしい。
イラニアンに人気の外食はピザ。

イラニアンの結婚式は男性用、女性用と2回ある。
男性用では、男しかいなくて、新郎が参加者のほっぺたにキスして回る。
さらにダンスする。そうすると参加者がダンスしながらお金をあげにくる。
新婦が参加するときは白いチャードルを着なきゃいけない。
女性用では、新郎と、新婦の近い親戚の男性しか参加できなくて、
新婦はウエディングドレス、参加者はミニスカートとかのドレスで、肩も出したりして
日本と同じ感じ。
ザへラが自分たちの結婚式のDVDを見せてくれたんだけど、女性用の式はmikiにしか
見せてくれなかった。

イラニアンは結婚するまでデートしちゃいけない。
二人きりで会うことも禁止されているし、身体に触れることもダメ。
イラニアンは結婚前に男性が両親と、女性の家に挨拶にいく。
双方の両親が合意すれば婚約成立。

イラニアン男子は家族の女性に甘える。妹に膝枕してもらったり、お母さんに膝枕してもらったり。
イラニアンは公共の場で踊っちゃいけない(ピクニックで踊ってた人が警察に注意されてた)。
イラニアン女性のパスポート写真もスカーフ巻いてなきゃいけない。免許とかも。

イラニアンの中学・高校は共学がない。制服はあるらしい。
たしか先生も男子校には男性職員、女子校には女性職員って言ってた。

イラニアンに人気の職業はエンジニア。
日本では待遇のいい学校の先生、イランでは給料良くないらしい。
ソライヨお母さんは元アラビア語の先生だけど、給料は4万円だったらしい。
イラニアン女性にとってチャードルは防寒着も兼ねているらしい
(夜にピクニックに行ったとき「チャードル着てくれば良かった」って言ってた)。
イラニアン女性は頭に巻くスカーフは数えられないくらい持っているらしい。

ちょっとイラニアンじゃないけど、イスラム教最大の聖地メッカ(サウジアラビア)に入るには
くじ引きなんだって。

ホームステイできて色々聞いたからかもしれないけど
これだけ文化の違いを感じた国は初めてで、一番印象に残った国になりました。
イラン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<39ヶ国目、UAE。 | ホーム | 大都会、テヘランへ。>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futatabifutaritabi.blog21.fc2.com/tb.php/656-3649b55b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。