スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
遺跡巡り DAY3
2010 / 09 / 13 ( Mon )

今朝のアンコールワットは雲が厚く太陽が出ず。
でも曇りの方が観光にはよかったり。涼しいから。
2010_0913_02re.jpg
アンコールワットの観光も今日が最終日。
初日にこんな3日券を購入しました。40ドルは高いけど、でもそれくらいの価値はあります。

2010_0913_03re.jpg
遺跡ではないけれど、今日はまず戦争カメラマン、一ノ瀬泰造のお墓に行った。

2010_0913_04re.jpg
彼は、クメール・ルージュ支配下のもと単独でのアンコールワット潜入を試みて、
「旨く撮れたら、東京まで持って行きます。もし、うまく地雷を踏んだら“サヨウナラ”!」
というメッセージを残して消息を絶ったんだって。

2010_0913_05re.jpg
お墓はなーんにもない村の近くにぽつんとある。

2010_0913_06re.jpg
1982年、この村で村人によって遺体が発見されたらしい。

2010_0913_07re.jpg

2010_0913_08re.jpg
墓石。

2010_0913_09re.jpg
一緒について来た子供たちと記念撮影。

2010_0913_10re.jpg
次は「東洋のモナリザ」と言われるレリーフを見に、バンテアイ・スレイという遺跡へ。

2010_0913_11re.jpg
遺跡の表面に細かいレリーフがいっぱい。

2010_0913_12re.jpg
他の遺跡とは石の色も異なり、全体的に茶色。

2010_0913_13re.jpg

2010_0913_14re.jpg
おもしろ写真集1。

2010_0913_15re.jpg
おもしろ写真集2。

2010_0913_16re.jpg
これが「東洋のモナリザ」。たぶん。
コレです!的な標識が全くなかったので自信ない。

2010_0913_17re.jpg
最後は地雷博物館へ。

2010_0913_18re.jpg
写真の人は館長のアキ・ラーさん。
兵隊として自ら地雷を埋めていた時期もあったらしい。皮肉な話。

2010_0913_19re.jpg
ここで働くアメリカ人?スタッフが色々説明してくれた。

2010_0913_20re.jpg
カンボジアには今も尚、500万個もの地雷が埋まっているんだって。

2010_0913_21re.jpg
ヒデの写真があった。

2010_0913_22re.jpg
帰り道は突然のスコールで大雨。

2010_0913_23re.jpg
でもトゥクトゥク(リキシャみたいなやつ)が個室みたいで楽しい。

2010_0913_24re.jpg
夜はまた日本語のクラスにお邪魔させてもらった。
ユカに頼んで、日本から南京玉簾を持って来てもらってお披露目してもらいました。

2010_0913_25re.jpg
初めてみる南京玉簾で、みんな大盛り上がりでした。

2010_0913_26re.jpg
ユカ、カンボジアデビューしてくれてありがとう!

2010_0913_27re.jpg
最後にマッサージ屋さんによって帰りました。
明日は二人日本に帰っちゃうー。
カンボジア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<また日本で会おう。 | ホーム | 遺跡巡り DAY2>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futatabifutaritabi.blog21.fc2.com/tb.php/700-d8ee4439
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。